ふらっと相談室

事例で納得Q&A

「事例で納得Q&A」内で検索

カテゴリー一覧に戻る

「子ども」
いじめ・不登校・体罰


中学になじめず、体調を崩してしまった
中学入学後しばらくして、学校に行けなくなりました。先生も毎時間替わるし、友達もできず、教室に居場所がありません。朝、学校に行かなければと思うと下痢になります。数日前から担任の先生が迎えに来て、無理やり学校に連れて行かれますが、もどしたり腹痛がひどくなったりと体調がどんどん悪くなってきました。でも母も「学校へはちゃんと行きなさい」と言うばかりです。

身体の調子が悪いのは、苦しいし、とても不安なものですよね。まず、ご両親や担任の先生に、今のあなたの気持ちをそのまま話してみるのはどうかな。あなたがどんなことに不安や孤独を感じているのかがわかれば、ご両親や先生の対応も変わってくるんじゃないかな。「私が悪い」「どうせわかってくれない」、と思い込むのではなく、あなたの状況や思いを素直に話し、学校へ行きやすくなる方法を考えてもちうようにしてみましょう。
体調が悪い時、教室へ入るのがどうしてもつらい時は遠慮なく保健室に行うてください。保健室の先生もきっとあなたの話を聞いてくれます。クラスに小学校の時の友達がいるなら、相談してみては?あなたが心を開いて話せば、相手も心を開いてくれるでしょう。友達が、また新しい友達を紹介してくれて…という形で友達も増え、やがて教室はあなたにとっての居場所となります。あわてなくても大丈夫。無理や我慢はせず、つらい時はご両親や先生にSOSを出しましょう。相談に乗ってくれるスクールカウンセラーもいます。担任や保健室の先生に聞いてみてください。