ふらっと相談室

事例で納得Q&A

「事例で納得Q&A」内で検索

カテゴリー一覧に戻る

「子ども」
いじめ・不登校・体罰


娘が男性教師による発育測定を嫌がる
小学6年生の娘が担任の男性教師を嫌っています。特に発育測定の日の登校をしぶり、「下着姿を見られる」と泣いて訴えるのです。担任に相談すると「今までも高学年の担任をしてきたが、そんなことを言われるのは初めての経験であり心外」「子どもの思い込みだから、家庭で説得してほしい」と言われました。「嫌だ」という娘の気持ちもわかるので、担任の言い分には母親として納得いかず、まして説得などできません。どうしたものかと困っています。

担任教師が嫌いだという感情にはいろいろな要素があると思われるので答えるのは難しいのですが、男性教師が下着姿の高学年女子の発育測定をすることは問題です。
小学生同士でも、体育の着替えや発育測定は男女別にすべきというのが最近の考え方です。教師の場合も同様で、「自分は教師で、相手は子どもだから」と異性の教師が着替えの場にいたり発育測定をすることは、「自分のからだを見られたくない」という子どもの権利の侵害につながる行為です。娘さんが「嫌だ」と思う気持ちはもっともであり、何よりも尊重されるべきなのです。
これは担任やあなたの家庭における個人的な問題ではなく、子どもの権利を学校としてどのように保障するのかという問題です。保護者会などで問題提起し、保護者会どして学校側に発育測定の方法の変更を検討するよう求めてはいかがでしょう。