ふらっと相談室

事例で納得Q&A

「事例で納得Q&A」内で検索

カテゴリー一覧に戻る

「暮らし」
住居・不動産


ひとり暮らしの高齢者。賃貸物件がなかなか借りられない
70歳でひとり暮らしをしています。現在の住まいの老朽化がひどいので新しい住まい(賃貸物件)を探しているのですが、気に入った物件があってもなかなか借りられません。何かいい方法はありませんか。

あなたが高齢であることに家主側は不安を感じているのかもしませんね。けれども入居申込者が高齢であることを理由にして入居を断るのは、正しいことではありません。
高齢者の入居については、病気・事故、家賃の支払いに不安を感じる家主が多いようです。けれども社会の高齢化が進むなかで、高齢者ということだけで入居を断るのは不合理です。
また、2001年度より、「高齢者の居住の安定確保に関する法律」が全面施行されました。都道府県では「高齢者世帯の入居を拒まない賃貸住宅の登録・閲覧制度」もありますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。
家主に対しては、住宅のバリアフリー化に対する補助等を行なう「高齢者向け優良賃貸住宅の供給促進」などがあり、高齢者を拒まない賃貸住宅市場の形成が徐々に図られています。