Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2020/03/24
【東京新聞】逗子市 「パートナー制度」導入 来月から 鎌倉、横須賀市と連携も


逗子市は二十三日、同性カップルらを公的に承認する仕組み「パートナーシップ宣誓制度」を四月に始めると発表した。同じ制度を導入済みの鎌倉、横須賀市と連携し、三市の間で引っ越しても宣誓が継続する仕組みもスタートさせる。

二十歳以上で市内在住または在住を予定する人が対象。戸籍抄本など必要書類を提出し、宣誓証明書を受け取る。通称名で宣誓でき、事実婚やトランスジェンダーなど異性間のカップルも対象。市営や県営住宅に入居を申し込めるが、法的な権利や義務は発生しない。市は今後、法律婚と同じように家族として携帯電話など民間のサービスを受けたり、病院でお見舞いや手術時の同意をしたりできるよう、企業や医師会に働き掛けるとしている。

続きを読む

東京新聞

関連キーワード:

一覧ページへ