Be FLAT:10代の人権情報ネットワーク

人権関連トピックス

一覧ページへ

2020/10/16
【関西テレビ】手話を使い...『いっぱい泣きました』聴覚障害の原告女性が陳述 "強制不妊手術"めぐる裁判始まる


旧・優生保護法のもと、不妊手術を強制的に受けさせられたとして、聴覚障害のある夫婦が国を訴えた裁判が始まりました。その中で、妻が手術を受けさせられた時の思いを、手話で語りました。

訴えによると、ともに聴覚障害がある大阪府の70代の夫婦は1974年、第1子が誕生した直後に何の説明もないまま、妻が不妊手術を受けさせられました。

続きを読む

関西テレビ

 

関連キーワード:

一覧ページへ