特集

部落は今

一覧ページへ

2007/09/28
基本編:部落差別って、なんですか?


   
   
部落差別とは何ですか?
部落問題は今、どのように現れているのですか?
部落と「同和地区」、部落問題と「同和問題」は、どう違うのでしょうか?
部落は、どのようにしてできたのですか?
明治時代に身分制度は廃止されたはずですが・・。
戦後の憲法のもとでは、みんな平等になり差別などないのではないですか?
部落問題は部落の人の問題だから、わたしには関係がないのでは?
部落に住む人が別の場所に移り部落をなくしてしまえば、部落差別はなくなるのではないでしょうか?
そっとしておけば部落差別は自然になくなるのでは? 知らなかった人にあえて知らせる必要はないのでは?
「部落の人はこわい」とか「がらが悪い」などと聞きますが・・。
部落だけが特別扱いをうけ、よくなってきたことにはどうも納得できません。
同和対策事業のための法律はなくなったので、そういった行政施策もなくなるのでしょうか?
部落差別を禁ずる法律はあるのですか?
「えせ同和行為」とは何ですか?
身元調査は、なぜいけないのですか?

※参考文献
・『部落問題・人権事典』
(部落解放・人権研究所編、解放出版社)
・『知っていますか? 部落問題一問一答(第2版)』
(『知っていますか? 部落問題一問一答』編集委員会編、解放出版社)
・『部落問題への招待 資料と解説(第2版)』
(寺木伸明・野口道彦編、解放出版社)

 

関連キーワード:

一覧ページへ