ふらっと教室

世界記憶遺産とは

一覧ページへ

2015/05/08
ふらっと教室 世界記憶遺産とは


(5)1893年の女性参政権の請願書

 

1.  名 称 1893年の女性参政権の請願書

The 1893 Women's Suffrage Petition 写真(ユネスコ ウェブサイト 英語)

 

2.登録国 ニュージーランド

 

3.登録年 1997年

 

4.解 説

1893年、世界で初めて女性参政権を獲得した(認めた)国は、英領ニュージーランドです。この女性参政権運動の指導者が、ケイト・シェパードです。

ニュージーランドでは1879年から、21歳以上のすべての男性の選挙権が認められていましたが女性には認められていませんでした。シェパードは道徳心の向上には「人種、階級、信条、性別」による分離を克服すべきと主張するようになります。しかし彼女たちには、何の権力もありませんでした。彼女たちは、それぞれに子どもを抱えたり、また仕事に追われる多忙な中で、地域、職場、サークルなど、あらゆる場を通して、全国を巡り女性の声を結集していきました。その活動の結果、彼女らの女性参政権に対する賛同者が徐々に増え、何度も議会に請願書を提出します。そして遂に1893年女性参政権法案が正式に可決されました。その請願書には、およそ3万人の女性が署名しました。

女性参政権獲得年は、1893年ニュージーランドを初めとして、イギリス1918年、アメリカ1920年、そして日本はイタリアと同じ1945年となります。

以 上

関連キーワード:

一覧ページへ