ふらっと教室

世界記憶遺産とは

一覧ページへ

2015/05/08
ふらっと教室 世界記憶遺産とは


(6)チリの人権活動の記録

 

1.名 称 チリの人権活動の記録

Human Rights Archive of Chile

 

2.登録国 チリ

 

3.登録年 2003年

 

4.解 説

1973年から1990年にかけて、チリはアウグスト・ピノチェト将軍の軍事独裁政権でした。17年にわたるこの政権は組織的に政党を弾圧し、反体制派を迫害しました。それはチリ史上前例のないほどのものでした。チリの人権活動の記録は、人権侵害と人権の擁護の歴史的な記録を保護することを目的として、当時の裁判記録、新聞報道、新聞の切り抜き、写真、歴史文書などです。

この記録の保護が重要であるのは、軍事政権下で迫害を受けたり、逮捕された人々の連帯と抵抗の歴史的な活動が綴られているばかりではなく、それらの資料から軍事政権時代に行方不明になった人々の手掛かりとなったことです。チリの軍事独裁政権時代の歴史をひもとく唯一の資料であり、チリ国内の異なる機関や施設で保管されて、将来の世代に受け継ぐべきものです。

また、軍事独裁政権による弾圧の歴史を検証するうえで重要であるばかりでなく、そうした弾圧を二度と起こさないための戒めとなる記録です。

チリという国が民主主義と人権が尊重される社会を確立するために、是非後世に残しておきたい遺産です。

以 上

関連キーワード:

一覧ページへ