ふらっと教室

新着情報

  • 人権学習シリーズvol.9『あたりまえの根っこ―社会の意識とわたしの価値観―』
  • テーマ
    自分の価値観や子どもの権利、同和問題などを取り上げた学習プログラム
    ねらい
    人権概念を構成するものの中から「社会意識」「原因・背景」を取り上げ、暮らしの中にある習慣など「常識」「あたり前」とされてきたものがどのように培われてきたのか、その根底はどこにあるのかを考え、社会的な意識が差別や人権侵害につながる場合があることを考えるための教材です。

詳細はこちら

  • 人権学習シリーズVol.8 『わたしを生きる‐アイデンティティと尊重‐』
  • テーマ
    大切な「自分」を語り、それを尊重する「尊重」、そのための「人間関係」という人権の概念をテーマとして考えるための教材
    ねらい
    アイデンティティに(これを欠いては自分ではないと思う属性や特性)や「カミングアウト」(公にしていない自分のルーツや身体のこと、社会的立場などを公にすること)を切り口に、性的マイノリティ、在日外国人、同和問題といった個別の人権問題や共通する問題を取りあげたプログラム。

詳細はこちら

  • ためしてみよう自己診断3
  • テーマ
    人権に関する知識をためしてみる
    ねらい
    基本的な人権知識を理解していただくためのクイズ教材の第3段です。各章10問、計60問の設問に答え、解説を読んで人権に関する基礎的な知識を身につけることがねらいです。

詳細はこちら

  • 職場で起こるハラスメント対策の基礎知識
  • テーマ
    ハラスメント
    ねらい
    ハラスメントは、無意識のうちに行われることが多く、それがハラスメントであることに気づかずに加害者になる恐れがあります。この作品では職場で起こるさまざまなハラスメントに焦点をあて、その内容を理解すると同時に、防止への実践をうながしています。

詳細はこちら

  • わかったつもりでいませんか?セクハラ対策の新常識 第1巻
  • テーマ
    セクシュアル・ハラスメント
    ねらい
    身近な職場の人権問題、セクシュアル・ハラスメント。――軽いからかいの気持ち、“恋愛”という思い込み、ポジションや性別の差から、今でも多くのセクハラが起きています。同じ言動でも相手の受け止め方によってセクハラになったり、ならなかったりする点について、さまざまな事例を用いてわかり易く解説しています。事業主の措置義務違反とならないためにも、時節にしっかり対応したセクハラ対策を構築するための教材です。

詳細はこちら

前へ  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10